Violet Mug.
バイオレットマガジン

トップ ブログ(バイオレットマガジン)【バレイヤージュ】【外国人風カラー】バレイヤージュの魅力

【バレイヤージュ】【外国人風カラー】バレイヤージュの魅力



こんにちは、もう間も無くスタイリストデビューする山菅栄一です!

今回は僕のおすすめするバレイヤージュのプロセスをご紹介したいと思います!

バレイヤージュとは?


そもそもバレイヤージュとはフランス語でホウキで掃くという意味があり、それを元にホウキで掃いたようなグラデーションのようなヘアスタイルに見えるところから『バレイヤージュ』という言葉が浸透していったみたいですね!

栄一のプロセス

色々なバレイヤージュがある中で、今回は僕の提案するバレイヤージュを少しご紹介したいと思います!

1.ブリーチでハイライトを入れていきます✌︎

まずアンダーセクションに縦のスライシングのパネルでハイライトを入れていきます!

縦で入れるハイライトは髪の毛を降ろした時にずれが生じてよりグラデーション感が増すのですごくおすすめですね。

後ろはこんな感じですしたいです↓

2.トップはチップで入れていく✌︎

イヤーツーの4ブロックで分け、3mm〜7mmのチップでハイライトを入れていきます!

この時決まった感覚で入れていくよりは太さがバラバラの方がより可愛いと思います。

それと、チップでハイライトを入れる時に僕はV字になるように一枚一枚入れていきます!

これも降ろした時にずれが生じて可愛くなるためです!

写真は撮り忘れました。笑

3.シャンプーしてオンカラー✌︎

ハイライトを入れて、シャンプーした状態↓

どうでしょうか!

この時はハイライトの枚数を多くしたため、全体的にかなりイケイケになったようにも見えます!

でもここからオンカラーするので問題ありません!笑

この時に使用した薬剤は13トーンのシルバーと13トーンのバイオレットとクリアを1:1:1に2剤は4.5%でオンカラーしました✌︎

赤みも抑えつつ、より外国人風なカラーになりますね。

メリットとデメリット

ここまでプロセスを説明してきましたがこの時の仕上がりをなんと見事に撮り忘れてしまいました。すいません笑

ただ↑これは先程のハイライトを入れて半年経過した状態の写真です✌︎

このように、ハイライトの施術のメリット一度入れたハイライトはそのままずっと残ってくれるということです!

カラーが退色してもその後オンカラーを続ければずっと楽しめます✌︎

それに加え、ハイライトを足して、よりバレイヤージュ感を引き出しつつ増やして行くことも可能です!!!

デメリットとしては、一度入れたハイライトはなかなか消えにくくなってしまいます。もし暗くしたくなった時にブラウンの入った染料を入れないとすぐ抜けてきてしまいます。

なので暗くした後にもう一回明るくしたくなった時に髪にも負担がかかりますし、美容師さんが困ってしまいますね。

なのでよーーく考えて、美容師さんと相談した上でデザインして行くとよいかなぁと✌︎

最後に、、、

今回ご紹介しましたハイライトはほんの一部でしかないので僕自身これから研究を重ねていきたいと思います✌︎

 

それと、私、山菅栄一はいよいよ7月にスタイリストデビューいたしますので皆様とお会いできるのを楽しみにお待ちしてます!!!

よかったらInstagramもチェックしてみてください=͟͟͞͞(  ω )=͟͟͞͞ ³ ³

https://www.instagram.com/a1_violet/

期待要望に応えられる美容師になりますので応援のほどよろしくお願いいたします!!!!

山菅 栄一
スタイリスト 山菅 栄一
表参道店
こんにちは!山菅栄一です! 僕のコンセプトは『人と髪と心を繋ぐ』で、7月にスタイリストデビューを予定しています! できるだけたくさんの方に楽しんで貰えるような記事を書いていきまーす!!

関連記事

» 同じカテゴリーの記事一覧» 同じライターの記事一覧
Violet表参道
TELで予約
03-5778-9646
Violet名古屋栄
TELで予約
052-265-8564