美容室 Violet 田村祐樹 BLOG

美容室Violet かわいいやオシャレを発信するブログ

*

重めでも華やかに見える動きのあるスタイル

      2015/11/11

こんにちは!

美容室Violetスタイリストの田村 祐樹(@yuki.t.hairdresser)です。

先日営業前にアルミを使ったスペシャルカラー講習を受けさせて頂きました。

ベースのカラーにハイライト(明るい色)やローライト(暗い色)を使い、三色で層を作りお互いの色を際立たせる技法です。

3Dカラーやミルフィーユカラーなんて呼ばれてたりもしますね。

今回はスライシングウィービングという技法を使ったデザインを勉強させて頂きました。

スライシングとは・・・

IMG_2077画像のようにコームで髪を一面とり、すくったパネル(髪の毛)にカラー剤を塗布するテクニックです。

立体感や色味、束感を強調させるカラー技法です。髪が動くたびに表情が変わりウィービングよりも目立ちます。
ウィービングより、立体感や色味を強調したいときに使います。
パネル(髪の毛)の幅や厚さによって、より立体的にしたり色味を強調したりすることができます。

そして、髪をかき上げたときや結んだ時などより動きがでてくれます。

ウィービングとは・・・

IMG_2075画像のように明るい色や暗い色をすじ状に入れて立体感や動きを表現するテクニックです。
アルミホイルの下のベースの髪色とチップ(コームですくいとったすじ状の髪)の髪色の差が、ヘアスタイルを立体的に見せてくれます。また、全体をぼかす効果もあります。

長さやスタイルによって入れる枚数が変わるのですが今回教えて頂いたテクニックだと入れても・・・

10枚くらい!!

非常に少ないですね。

お時間かけずに髪の毛に動きを出したい方オススメです。

また、秋冬で髪の色をトーンダウンさせようと考えている方オススメです。

少しでもメリハリがあるようにカラーリングしてあげればトーンダウンしても重くぼてっとせず、重さの中に軽さがうまれるスタイルになります。

IMG_7264-2 スマートオブジェクト-2気になる方は是非Violetまで☆

お悩みやご相談はこちらまで☆
友だち追加

 - Violet, デザインカラー, ヘアケア, Q&A