美容室Violet 代表 前原穂高 blog

HODAKA MAEBARA OFFICIAL BLOG.

テクニック・レシピ

[美容師保存版]ヘアショーの内容、構想、作り方まで中身全部見せちゃいます!【ナプラドリームプラス2016@武道館】②

[美容師保存版]ヘアショーの内容、構想、作り方まで中身全部見せちゃいます!【ナプラドリームプラス2016@武道館】②

 


すぐ書くつもりだったのに間あけちゃいました。

今回の【ナプラドリームプラス2016】


とっても長い記事なので時間があるときにでも読んでやって下さい。


まず、終わったあと沢山の人達からメッセージをいただきました。とても嬉しいです。

徹夜して作ったかいあった!










本当に嬉しいですね〜

自分の表現したものが伝わるってこんなに嬉しいんだなー


ここからは

前回の記事の続きです。


さてさて、そんなこんなで前日の夜からの仕込み

この日はリハだったのでお店についたのが22:00ぐらい。

その前になんとなくの素材の買い物だけは済ませてありました


前日夜の22:00から仕込みがスタートしました。


仕込み〜本番




絵を書く人

紙粘土をコネコネする人

ハリガネをくねくねさせる人

グルーガンをひたすら使って何度もやけどしてる人

(わたし)


まるで学生の時の図画工作のクラスみたいにみんなでワイワイやりながらヘアの上につける飾りを作りました。




どんな物を作っているかの説明の前に


本番の演出の流れと中身を紹介したほうがいいかな。


プロローグ








サロン内で穂高さんが主人公の女の子の髪の毛をやってあげてるところで、本を読みながら居眠りしてしまい、

うさぎと少女のイラスト(あっぴん作)の後に本が勝手にペラペラめくれていく…

という感じのムービーが流れます。


ここでは美容室での居眠りで本の世界に入っていってしまうのをイメージしています。

ウサギを出したのはこのあとにつながる『不思議の国の○リス』のイメージにつなげるためです。



「ステージ」













板付きでプリンセス達が立っている中にウサギに手を引っ張られて迷い込む主人公。


うさぎと主人公でアクションを織り交ぜながら

各プリンセスが一人ずつ動き出してウォーキング


アリ○、アリ○ル、白○姫、ジ○スミン

の順番でそれぞれの象徴的なシーンが思い出されるような音楽と映像が流れる中歩いていきます。


動き出しのアクションもウサギと主人公でちゃんと演技をしてくれて完成度がぐっと上がりました。


「穂高さんの出番」




4人のお披露目が終わったところでやっと僕の登場。

耳をつけて出てくるところが賛否両論w






髪の毛を上げたあとにティアラを載せてヘアチェンジ。

その後魔法をかける仕草をすると…



ワンピースが赤いドレスに早変わり

プリンセスの仲間入り(^-^)/


フィナーレ








プリンセスの仲間入りをした少女がみんなとフィナーレ


モニターではこのショーの趣旨を伝えるメッセージを本の中の1ページとして

そのまま本が閉じて終わり





エピローグ




暗転したあと椅子に座ってうとうとしたあと目が覚める少女

持っていた本も落とし服が変わっていることに気づく

そのまま走ってどこかへ行ってしまう。


終わり


こんな感じですね^0^)


細かいところを書き出したらきりがないんだけど


ウサギの動きや衣装の見え方、

演出上での映像のタイミング、

音のタイミング、

照明など

前日にやったリハの後は気に入らなくてモヤモヤしたので

制作サイドとしっかりと納得がいくまで意見を言い合って今回のステージが作り上げられました。


今回ストーリーは単純でよくある感じだけど

空気感とモチーフかディ○ニーってこともあって

プリンセスたちがチープにならないようにだけ

かなり意識しないと成り立たないのがわかるかと思います。


そこでまずそれぞれのプリンセスたちのスタイルイメージをしっかりバランスを取ることも大事だと思い


僕が仕込みを始める前にささっと書いたヘアデザインイメージがこれ↓(きたない…)









「武道館は大きいからヘアスタイルも大きく作らないとあんまり細かいところは見えてこないですよー」


って制作の方にはなんどもいわれたけど

世界観細かくしたかった!笑


あんま見えなくてもいーやって思って作りました笑

ある意味ブログで見えてればいーかなぐらいの感じで作りましたね(●´艸)

共通してやりたかったのは
本の中の1ページをイメージしてヘアスタイルの中に盛り込みたかったってこと。

そこからさらに徹夜して作ってきた髪の飾りと
衣装イメージ、
メイクイメージなどを並べてみて


当日の仕込みに入りました。

それでは、
徹夜+当日の仕込み時間をフルに使って作り上げた作品たちをどうぞ笑

アリ○





アリ○の完成図はこんな感じになりました。
頭の上に本が乗っているのがわかるかと思います

本から溢れでたトランプがすごく可愛く出来ました
これ全部手作り
小さいトランプはスタッフに両面印刷してもらって切って貼っての繰り返しで作ってみました^0^)

全身はアリ○らしい配色で少しゴテっとした感じ

メイクはYUZUKOさん担当(写真右)


ちゃんと見るとトランプの兵隊までちゃんといますよー

白○姫




女子人気の高かった白○姫。
森の中のイメージで
衣装も同じく配色でそれとわかるようにしてもらったのと
りんごを持たせてしっかり伝わるようにしました
ウィッグをつけてショートバングの白○姫。


小人も動物もいて楽しげ
更に賑やかしで周りにはミモザのフェイクフラワーをつけました
木とかは紙粘土でコネコネして乾かしてのせています
紙粘土って乾くとすんごい軽いからヘアショーにすごくいいかも!
葉っぱはそれっぽい柄の布を買ってきてあったのでそれで作っています。

はじめは下の方まで森にするつもりだったけど
上に乗っている感じが全身のバランス良かったので途中でやめました。
髪の毛のボリュームが足りないところはウィッグを足して



メイクもお花畑。
かわいい!

アリ○ル




流石に人魚のヒレまでは作れなかったけどスタイリストさんが頑張ってくれてかなりアリ○ルっぽい
足が生えた時のやつですね笑

髪色が大変だった笑
やっぱり赤でしょーって事で
全部の髪の毛をスプレーで

カラースプレーするときは鼻栓しないと鼻の中までいろがはいっちゃいますからね笑
もともとはこんな色のモデルさんだったこと今見返して思い出す笑


あっという間にまっかっか



星のライトがなんともかわいいですよね。
ヒトデや貝がらなんかも紙粘土で簡単に作れちゃいました(^-^)/
髪かざりで貝殻とかをモチーフにしている奴はたくさんあるので
可愛いのをたくさん買ってつけまくってバランスをとりました
だいたいゴールドのやつ


メイクもマリン感があってなんとも言えない女の子感!

ジャ○ミン



雲の上をじゅうたんに乗ってとんでるシーンが思い出されるようなイメージで、


光らせるとこんな感じ
夕方にするか夜にするか結構悩みました
ステージの中なら夜のほうがいいかなってことで

雲は太めの毛糸を指でほぐして作っています。
全体につけようかと思ってたけどバランス的におかしかったからすごい毛糸余っちゃった笑


ひらひらしたものを足すことでアラビア感がましてぽくなったと思います。

カチューシャとピアスもイメージに合わせて手作りしました(^-^)/
アラビア感のあるアイテムなんてなかなか探しても見つからないから
そっちの方が早くて正解だったかなー

飛び出す絵本


この写真がわかりやすいですが、それぞれの本はリアルに小さめの洋書を買ってきて
真ん中のページだけ三分の一ぐらいカッターで切り取って開いた状態でグルーで固定しています。

元々のストーリーの始まりが

『少女が眠りについて本の中に入ってしまう』

という感じなので
その本の中の一ページを作っているということですね。

作りながらホントは各ページの中にウサギと主人公の女の子がいるといーなーって思ったけど
ごちゃごちゃし過ぎそうだったのでやめました。

本はウィッグに針金で固定して
更にそのウィッグをモデルさんの頭に固定して安定を保っています。よく思いついたわ。

なので前日の夜に本とその上の飾りを作り

当日にモデルに装着して固定

更にその周りをいろんな飾りでバランスよく華やかにしていく
という感じの流れで

主人公


この時のこの衣装から

一瞬で

ドレスに早変わり!
なんと衣装代2倍!!

ヘアは波巻きでベースをつけておいて
あとはステージで髪をアップして
ティアラをつけました(^-^)/
このモデルちゃんまだ中学生だからどんどん可愛くなってくんだろーなー

伝えたかったこと

実はこのナプラドリームプラスのイベントでは

品川、大阪、名古屋、福岡と4都市を回らせていただき

その時もヘアショーをやらせて頂いています。

【4大都市ヘアショーツアー】フォト素材と演出まとめ!!!

【武道館につながる大役】ようやく4大都市イベント終わりました!


その時のメッセージが


『美容師っていう仕事は目の前のお客様を綺麗にして喜ばせるのはもちろん、 たとえばそのお客様が家に帰って綺麗になったママさんに喜んだパパが家族に優しくなったり仕事に意欲的になったり、 職場で意欲的になった上司を見て部下の子達まで気分よく仕事が出来たり… みたいな感じでHAPPYが回り回っていって いつかは自分の知らないところまでもHAPPYにしていけるのかもしれない そんなステキな仕事なんだよ。』

というものでした。


その時のメッセージと近いものはあるけど今回もモニターで


THERE ARE SO MANY BEAUTIFUL REASONS TO BE HAPPY. 女の子は誰だって変身できる。 沢山の可愛いを目覚めさせる美容師という魔法使いに出会えたなら

こういうメッセージを書かせていただきましました。


一人でも多くの美容を志す人たちに届いてくれるといいな'v')ノ゙






フォト












































以上です。


ありがとうございました!




「あれっ?ピンがささらない?!」

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Whoever wrote this, you know how to make a good arcetli.

LEAVE A REPLY

*