美容室Violet 代表 前原穂高 blog

HODAKA MAEBARA OFFICIAL BLOG.

お店のサービス

【Violetのこだわり】料金設定はわかりやすく見えやすく。

【Violetのこだわり】料金設定はわかりやすく見えやすく。

お客様から

「美容室の料金設定ってよくわからない」

という声を頂くことがよくあります。



確かにシャンプーブロー代が別なのかとか

これはストレートパーマなのか縮毛矯正なのかとか

トリートメントはどんな種類があるのかとか



お客様とのカウンセリングの際にも

「結局、全部でいくらになるんだろう??」

って思いながら施術がスタートしてしまうということがたくさんあるのではないかと思います。



いつでも料金確認出来るように






Violetの鏡のあるお席には常に

『Violetの説明書』

と書かれたメニューブックが置いてあります。

カウンセリングの際や初めてのお客様には

料金表などを目で見ていただいて

確認しながらご説明させていただいています。





料金は全て税込み表示







お客様にわかりやすい+レセプションが計算間違いしにくくする為に全て税込み表示にしています。



あれもこれもとメニューを足していって計算するときも

「全て税込みですよ」

って伝えるだけで大分お財布と相談しやすいですよね(^^)



合わせてこれは運営サイドの話ですが、

営業終了後レジ金が合わないっていうのはレセプションにとって結構なストレスになると思うので…

効果があればいいのですが笑



わかりにくいメニューはまとめて







わかりにくいパーマやストレート、デザインカラーなどはメニューをそれぞれ一つにまとめ同じ料金設定にしています。



パーマやストレートの場合だと…



例えばクセっけをなんとかしたくてご来店された場合、

表面だけはストレートパーマでハチ周りなどのクセの強いところは縮毛矯正にしたりなどの複合メニューも全て

『ストレート』というメニューで同じ料金ですし



例えばやりたいカールのスタイルで

デジタルパーマやコールドパーマなど

どのパーマの種類をお願いすればよいのかわからないなんて時も

『パーマ』というメニューで同じ料金



これにより料金が変わってしまうからこその悩みがなくなります。



要するに

『希望のデザインを料金で左右したくない』

というのが1番の狙いで



全て美容師さんとの仕上がりのイメージの共有さえ出来ていればO.K.ということにしました(^^)



もちろん特殊な場合はイレギュラーなこともありますが、ほとんどの場合がはじめの想定通りのお会計となると思います。

わかりやすくて好評です☆



特殊なカラーの場合だと…

ブリーチを交える「ダブルカラー」や

ハイライトやローライト

バレイヤージュなども全て

『デザインカラー』というメニューで統一してあるので

何回ブリーチしても、

何枚ハイライトを入れてもぜーんぶ同じ値段です。

※1色の通常のカラーや黒染め落としは別メニュー



ロング料金なし、ブロー料金なし



ここまでわかりやすくするためにはわかりにくいものも全て排除しようと思い



「ロング料金」「ブロー料金」



この2つも概念からなくしています。

仮に床につくぐらいの超ロングヘアのお客様のカラーリングでも意地で料金は変えません!笑



カラーのみのお客様も料金はカラー代のみです。

※シャンプーブローのみのお客様は料金が発生します。



どうでしょうか、色々結構すっきりですよね(^^)/



経営者的には材料の無駄遣いさえしてくれれば

『美容室の敷居を下げる』

というコンセプトにそった料金設定にできたかなと思っています。



あとは悩みとして僕の指名料金を設定するべきなのかどうかってとこなんですが、

これはまた書きますね。

※2016/05段階では指名料金なし



みんなハッピーなbeautifullifeを!



2016年5月いっぱいは

お客様への日頃の感謝の気持ちを込めて、《お客様感謝祭》を開催いたします!

【不意打ち】な、なんとカラーリング全メニュー半額!!!《一周年お客様感謝祭》
VioletがOPENして5月20日で丸1年、 たくさんのお客様に来店していただきありがとうございます!

LEAVE A REPLY

*