美容室Violet 代表 前原穂高 blog

HODAKA MAEBARA OFFICIAL BLOG.

テクニック・レシピ

want to be beautiful!

もっと可愛くなりたい。もっと輝いていたい。
女性に生まれたからにはUpdateし続けたいもの。
たくさんのヘアスタイルの中から
あなたにピッタリ合う色やかたちを探して
昨日よりもっと輝ける毎日をおくるきっかけを探そう!

want to be beautiful!

We featured the theme of the color purple is a frustration.
" Respond to your desire "
The ideal that the woman's " want to become!! " " I wanna do "
We can meet those demands.

We want to send the design whitch we put together to the time and the person.
And...Mixed together Red and Blue.
My thought is put in them

let me check.

let me check.

髪の毛って突然CHANGEしたくなるもの
眠る前でも、お昼休みでも
かわいいを思い立った瞬間から簡単WEB予約!
前に進もうとするそのACTIONを24時間お待ちしています
いつでもどこでも「空席確認・予約確認」しよう

CONCEPT

欲求不満のカラーであるムラサキをテーマに

「お客様の欲求に答える」 「女性のなりたい!やりたい!にこたえる」

そんな思いをこめて、赤文字系から青文字系まで混ざり合って

時代やその人に合わせたデザインを発信していきたいと私たちは考えます。

(Violet 代表 前原穂高)

これで完璧!!『ショートスタイル』を作る時のポイント4つ』!

これで完璧!!『ショートスタイル』を作る時のポイント4つ』!

朝は「ふわくしゅショート&ボブ」というヘアカタログの撮影に行ってきました。



今回はショートスタイルを一体担当したんですが、

ちょっと詳しめに僕なりの

『ショートを作る時のポイント4つ』

を紹介したいと思います(^^)



一応プロ向けに書きましたが、お客様でショートの方でも気をつけなきゃいけないところは同じです。

チェックしてみてください(^^)



トップは絶対ふんわり!





トップはブローの時点から立ち上げてふんわり感が出るように意識します。



ショートスタイルのトップは毛流れもすごく大事に作らないと

シルエットにも関係してきますので大事に大事にテールコームなんかで微調整しながら何度もチェック!!





僕から目線で見るとこんな感じ。



きれいに立ち上がった根元が見えると思います。

同時に質感のチェックも忘れずに



サイドの毛束の処理





サイドの毛束感を作るときに特に意識したいのが、

どの位耳にかけるのかということです。





もし必要であればスタイリング剤をつけた後でもアイロンで出したい動きになるまで修正しましょ。



えりあしがしまってないショートなんて無理





ことショートスタイルにおいてえりあしがタイトじゃないなんてあり得ません



スタイリング剤をちょっと多めに根元からつけてタイトにタイトに作りましょー



浮きやすいクセがある方なんかはブローでしっかりしめてあげて



最後に前髪をチェック!!





1番失敗しちゃいけないのはもちろん前髪

一番最後にデザインしてあげましょー

ここはカメラ前でもぎりぎりまで1番いい形になるように見ててあげてください。



撮っている途中に崩れたらすぐに修正に入れるようにテールコームをずっと持ってて。



今回スタイリングに使ったのは





美容師さんじゃ知らない人はいないですね。

メンズスタイルを作るときも多用しますが、薄く指に広げて毛先に中心に使うとショートの女の子にも全然いけます。



是非やってみてね(^^)/

LEAVE A REPLY

*