美容室Violet 代表 前原穂高 blog

HODAKA MAEBARA OFFICIAL BLOG.

オフィシャルサイト掲載

want to be beautiful!

もっと可愛くなりたい。もっと輝いていたい。
女性に生まれたからにはUpdateし続けたいもの。
たくさんのヘアスタイルの中から
あなたにピッタリ合う色やかたちを探して
昨日よりもっと輝ける毎日をおくるきっかけを探そう!

want to be beautiful!

We featured the theme of the color purple is a frustration.
" Respond to your desire "
The ideal that the woman's " want to become!! " " I wanna do "
We can meet those demands.

We want to send the design whitch we put together to the time and the person.
And...Mixed together Red and Blue.
My thought is put in them

let me check.

let me check.

髪の毛って突然CHANGEしたくなるもの
眠る前でも、お昼休みでも
かわいいを思い立った瞬間から簡単WEB予約!
前に進もうとするそのACTIONを24時間お待ちしています
いつでもどこでも「空席確認・予約確認」しよう

CONCEPT

欲求不満のカラーであるムラサキをテーマに

「お客様の欲求に答える」 「女性のなりたい!やりたい!にこたえる」

そんな思いをこめて、赤文字系から青文字系まで混ざり合って

時代やその人に合わせたデザインを発信していきたいと私たちは考えます。

(Violet 代表 前原穂高)

今年の新卒で美容室へ入社した皆様へ。美容師15年やった価値観

今年の新卒で美容室へ入社した皆様へ。美容師15年やった価値観
美容師歴15年、経営者になり2年目

アフロートで働いていたときとはアシスタントやスタイリストなどにたいする考え方も変わりつつ
『教育』
というものに頭の大半を費やしている立場になりました。

そんな中、今年もこの4月から全国でもたくさんの美容師が生まれますので
僕なりに伝えておきたいことを書いてみたいと思います。

僕は青山の美容室でしか育っていないけど
たくさんの美容室をセミナーなどで回らせていただいたり、たくさんの美容師さんとお話しする機会を頂いているので
その中で話したり聞かせていただいている事などを交えながらつたない経験をもとに書きますので興味ある人は読んでやってください(^^)


やりたい仕事は自分で作る



働くということは生きるということではありません。
賛否両論あると思います。
僕は美容師というお仕事が天職だとまで思っていますが、
もし働かなくていいよと言われたら働きません笑
楽して毎日過ごせてハッピーなのであればそれにこしたことはないので。
でも現実的にはそんなことはあり得ないので、その中でもし働くとしたら「美容師」という仕事が天職だと思っているのです。

ただ、
僕自身も美容師になりたいと思ったときも
アフロートに入社してアシスタントから始めたときも
ずっとずっと美容師というお仕事が自分に合っていると思っていたわけではありません。


アフロートに入ってひと月めの全体ミーティングで新入社員に一人ずつ
・お店で1ヶ月過ごした感想
・これからの目標
を発表する場が設けられたときに、自分で言った自分の言葉を今でも覚えています。(初心というやつですね)
忘れないようにいつも心に留めています。
それは

『はじめこのお店には自分の居場所がないなぁと思いました。
でも段々と自分の居場所は自分で作らなければダメだと気付きました。
いつかはお店から一目置かれるような存在になりたいです。』

と言いました。
今思ってもこんな生意気なことをよく言ったなぁという感じですが笑
ずっとそう思って時間がたち、僕は美容師というお仕事が自分の天職であり、そんな仕事を見付けられて最高にハッピーだと思うようになりました。
今は自分のやりたいことをひとつずつ順調にやっていけていると感じています。


「仕事がやりたくない」と思ってしまうのは全く意味合いが違いますが
「やりたい仕事じゃない」と思ってしまうようなときに思い出してみてください。


最初はきついし大変だしやめたくなることもあるでしょう。指導の仕方に文句を言ったり、お店の方針に納得がいかないこともたくさんあると思います。
でも続けた結果、天職にすることが出来る人もたくさんいると思います。

「やりたい仕事や職場」を探し回るよりも、「やりたい仕事や職場」に自分で変えていったり好きになっていったりするほうがはるかに回り道をしなくてすむのではないかなと思います。
もちろんたくさんの壁に向かって努力は必要になるけれども、そもそも働く上で必要な努力はたくさんたくさんあるのですから。


美容師はすごくステキなお仕事です



先日髪の毛を切りに来てくれた友人に
『穂高の仕事ってつながりが全部有意義になっていいね』
と言われました。

髪の毛を切らない人は中々いません。
これが美容師という仕事の最大の良さだと思っています。
飲み屋で仲良くなった飲み仲間も
けんかして仲悪くなった友人も
気になっているあの子も
仕事先で話が合って仲良くなった方も
みんな髪の毛は切りにいきます。

自分が美容師として成長すればするほど
自分の周りの人達を幸せにできる。
それが幸せですし、
もちろん悩んでいるお客様もたくさん幸せにすることができます。

そして、自分がした体験や聞いた情報
気になった話題やいいアイデアなども
全部お客様との会話で盛り上がれます。
それによって感謝されることもあれば一緒に話し合うことなんかもできます。

つまり自分が生きている事全てを使って周りの人達の幸せに変えることができるんです。
こんな仕事は中々無いなーって思います
(美容師しかしたことないので他にもたくさんあるとは思いますが笑)

ただ、まぁでもそもそも技術が無く、不幸にしてしまうこともありますが…


かわいい子が大好きだから



僕は男なのでかわいい子が大好きです。
昔は広末涼子のポスターを部屋に貼ったり、鈴木亜美のCD買ったりしていました。

かわいい女の子が嫌いな人がもしいたらその人は美容師には向いていないので今すぐに転職を考えた方がいいと思います。

美容室という場所は
「綺麗になりにくる場所」です。
よくスタッフに穂高さんのお客様って綺麗な人が多いですよねって言われますが
(これはアフロートの時からよく言われていました)

綺麗になりに来てる人達を綺麗にするのがお仕事なので当たり前のことです。
毎日そのためだけにあんなに考えたりおそくまで練習したりしてるんですから

だから僕は綺麗になりたい、可愛くなりたいと思っている女の子が大好きです(^^)





伝えたかったことは伝わったか分かりませんが
毎年美容師になりたいと入社していく子達がいる反面、毎年志半ばで辞めて言ってしまう子達もたくさんいる業界です。
これから美容師になって立派な美容師になり
みんながハッピーになることを心から応援しています(^^)

最後に美容師みんなに読んで欲しい本のリンクをはっておきますね☆