美容室Violet 代表 前原穂高 blog

HODAKA MAEBARA OFFICIAL BLOG.

「ヘア・メイク」を考える

want to be beautiful!

もっと可愛くなりたい。もっと輝いていたい。
女性に生まれたからにはUpdateし続けたいもの。
たくさんのヘアスタイルの中から
あなたにピッタリ合う色やかたちを探して
昨日よりもっと輝ける毎日をおくるきっかけを探そう!

want to be beautiful!

We featured the theme of the color purple is a frustration.
" Respond to your desire "
The ideal that the woman's " want to become!! " " I wanna do "
We can meet those demands.

We want to send the design whitch we put together to the time and the person.
And...Mixed together Red and Blue.
My thought is put in them

let me check.

let me check.

髪の毛って突然CHANGEしたくなるもの
眠る前でも、お昼休みでも
かわいいを思い立った瞬間から簡単WEB予約!
前に進もうとするそのACTIONを24時間お待ちしています
いつでもどこでも「空席確認・予約確認」しよう

CONCEPT

欲求不満のカラーであるムラサキをテーマに

「お客様の欲求に答える」 「女性のなりたい!やりたい!にこたえる」

そんな思いをこめて、赤文字系から青文字系まで混ざり合って

時代やその人に合わせたデザインを発信していきたいと私たちは考えます。

(Violet 代表 前原穂高)

ヌケ感≠引き算メイク

ヌケ感≠引き算メイク

こんちはーっす!前原 穂高 (@M_hodaka)っす!



今日は「愛されヘアカタログ」の撮影でした(^^)/



アイメイクにヌケ感を





最近はまっているのが目尻に明るめのラインを足してヌケ感を出すメイク。



ヌケ感メイクって結構難しくて、

・アイラインをあえてひかなかったり

・まつげやラインに使う色をすべてブラウンに変えてみたり

・下まつげのマスカラを薄くor塗らないという選択にしたり

etc…



とまぁ色々あるんですが、

ここでポイントなのが

ヌケ感≠引き算メイク</span>

ということ。



引き算をすると全体の印象が薄くなりがちなのでヌケ感がでるのはわかるけど

なかなかいつもよりメイクを薄くするのって勇気がいるんですよね。



薄めヘアメイクを作っていざ撮影いくぞ!

ってなってもスタジオについてちょっと手直ししてってあれこれやってると

結局カメラ前に居る頃にはいつものメイクになっちゃったって事もあるのではないでしょうか(←ヘアメイクあるある)



最近のヌケ感メイクだともちろん引き算も上手くしていくんですが

あえて明るい色を足したり

ルミナイザーなどのハイライトで抜けを出したりすることのコツを覚えると一歩レベルアップしたメイクになるのではないかと思います。



引き算だけがヌケ感を出す手段ではないっていうことを覚えておくといいですね(^^)/



ただハイライトを入れるっていっても

人気のrmsのルミナイザーを必死にgetして

とにかく塗りまくってるよーっいうメイクもどうかとは思いますが…



今日のモデルちゃんは





マリハちゃんでした(^^)/

大人っぽい!

かわゆす

LEAVE A REPLY

*